2006年06月02日

B)現場活動状況 3学年

c)3年生男子3クラス
授業開始日:2005年10月4日
生徒数:45人×4クラス=約220人
ティーチャーズトレーニング参加者:イブティサム先生(女性:推定50歳)

授業内容等:
 ソルフェージュ・歌唱・楽典を中心に進めていった。教科書初級編を使用し、児童への教授とティーチャーズトレーニング参加の教員(イブティサム先生)共に理解が出来るように配慮した。男子児童ということもあり集中力は欠け、授業を進めることが困難であることもしばしばであった。40分の時間の中でどのように精神をコントロールしながら学ばせるか、という事も教員と共に考える必要があった。
 教員は常に私との授業を共にする。そこでトレーニングで学んだ事柄を再度確認し、実際に自身が児童に教授する際にどういったイメージで行うかを考える必要がある。ピアニカによる演奏は困難なようだが、楽典、リズムを教えることはとても上手に行っていた。教員歴が長い為か児童をコ

音楽経験者数:全ての児童が未経験である。 




d)3学年共学2クラス
授業開始日:2005年10月2日
生徒数:45人×4クラス=約220人
ティーチャーズトレーニング参加者:マリアム先生(女性:推定45歳)

授業内容等:
 ソルフェージュ・歌唱・楽典を中心に進めていった。教科書初級編を使用し、児童への教授とティーチャーズトレーニング参加の教員(マリアム先生)共に理解が出来るように配慮した。男子児童と女子児童が半分のクラスであるが、女子児童は男子児童に影響されてかいくらか騒がしいように感じた。音楽の授業において子供をいかにコントロールするかということを、教員はこれから考えなくてはならないと感じた。歌唱の際、常に教員は児童と歌う必要があるなど、随時ポイントを説明していった。
音楽経験者数:全ての児童が未経験である。 


e)3学年女子3クラス 
授業開始日:2005年10月4日
生徒数:45人×4クラス=約220人
授業内容等:
ティーチャーズトレーニング参加者:サハル先生(女性:推定45歳)
 ソルフェージュ・歌唱・楽典を中心に進めていった。教科書初級編を使用し、児童への教授とティーチャーズトレーニング参加の教員(サハル先生)共に理解が出来るように配慮した。女子クラスは5年生女子クラス同様、大変飲み込みが早い。音楽がとても好きなゆえに進行も早く、他3学年クラスと比べ結果多少密度も濃くなった。
 このクラスについての詳細は、第7項・教員活動・教育普及人材育成プロジェクトの成果の一例と結論((2)ティーチャーズトレーニング対象者への効果)の項で詳しく述べる事とする。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。